ページ番号:OSD2020-0805

 

お知らせ

新型コロナウイルス感染症に関する商品改定について


2020年8月05日

新型コロナウイルス感染症による影響を受けられた皆さまに、心からお見舞い申しあげます。

当社では、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、以下のとおり新型コロナウイルス感染症に関する商品改定を実施いたしましたのでお知らせいたします。

本改定は、すでにご加入いただいているご契約を含め、2020年7月31日以降適用いたします。なお、お客さまによるお手続きの必要はございません。また、本改定による保険料(掛け金)の変更はございません。

 

■対象となる商品および概要

特定感染症を補償する商品

普通傷害保険・こども総合保険に付帯される、特定感染症危険「後遺障害保険金、入院保険金、通院保険金および葬祭費用保険金」支払特約

約款指定の特定感染症に加え、新型コロナウイルス感染症を補償対象とします。(※1)

海外旅行中の病気を補償する商品

普通傷害保険・家族傷害保険に付帯される、年間海外旅行保険特約

旅行期間(責任期間)終了後48時間を経過するまでに治療開始とあるのを、死亡保険金は30日以内の死亡、治療費用保険金は14日以内の治療開始にそれぞれ延長します。(※2)

※1 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)に定められた一類感染症、二類感染症または三類感染症のみを補償対象としていたため、それらに指定されていない新型コロナウイルス感染症は補償対象外でしたが、今後は補償の対象となるよう改定いたしました。

※2 一部の感染症を除き、責任期間終了後48時間以内に治療を開始していない場合は補償対象外でしたが、今後の支払要件が緩和される一部の感染症に新型コロナウイルス感染症等を追加しました。

■改定適用日

すでにご加入いただいているご契約を含め、2020年7月31日以降適用いたします。

ご契約

改定適用日

2020年7月31日時点で有効なご契約

2020年7月31日

保険期間の開始日が2020年7月31日以降の継続契約

当該継続契約の保険期間の開始日

■改定内容の詳細

① 特定感染症危険「後遺障害保険金、入院保険金、通院保険金および葬祭費用保険金」支払特約

<普通傷害保険・こども総合保険共通>

改定前

改定後

第1条(用語の定義)
この特約において、次の用語の意味は、それぞれ次の定義によります。

 

用語

定義

特定感染症

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第1章第6条第2項から第4項までに規定する一類感染症、二類感染症または三類感染症をいいます。

 

第1条(用語の定義)
この特約において、次の用語の意味は、それぞれ次の定義によります。

 

用語

定義

特定感染症

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第1章第6条第2項から第4項までに規定する一類感染症、二類感染症、三類感染症または新型コロナウイルス感染症(注)をいいます。
(注)新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令(令和2年政令第11号)第1条に定める新型コロナウイルス感染症をいい、同法に規定する一類感染症、二類感染症または三類感染症に指定された場合は、その指定が続く限りこれを対象とします。

 

② 年間海外旅行保険特約

<普通傷害保険>

改定前

改定後

別表1
第1章疾病死亡危険補償条項第2条(保険金を支払う場合)(1)③および第2章治療費用補償条項第2条(保険金を支払う場合)(1)③の感染症とは次のものをいいます。
コレラ、ペスト、天然痘、発疹チフス、ラッサ熱、マラリア、回帰熱、黄熱

別表1
第1章疾病死亡危険補償条項第2条(保険金を支払う場合)(1)③および第2章治療費用補償条項第2条(保険金を支払う場合)(1)③の感染症とは次のものをいいます。
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、コレラ、黄熱、回帰熱、コクシジオイデス症、デング熱、発疹チフス、マラリア、重症急性呼吸器症候群、新型コロナウイルス感染症(注)
(注)新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令(令和2年政令第11号)第1条に定める新型コロナウイルス感染症をいい、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第1章第6条第2項から第4項までに規定する一類感染症、二類感染症または三類感染症に指定された場合は、その指定が続く限りこれを対象とします。

<家族傷害保険>

改定前

改定後

別表1
第1章疾病死亡危険補償条項第2条(保険金を支払う場合)(1)③および第2章治療費用補償条項第2条(保険金を支払う場合)(1)③の特定感染症とは次のものをいいます。
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、コレラ、黄熱、回帰熱、コクシジオイデス症、デング熱、発疹チフス、マラリア、重症急性呼吸器症候群

別表1
第1章疾病死亡危険補償条項第2条(保険金を支払う場合)(1)③および第2章治療費用補償条項第2条(保険金を支払う場合)(1)③の感染症とは次のものをいいます。
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、コレラ、黄熱、回帰熱、コクシジオイデス症、デング熱、発疹チフス、マラリア、重症急性呼吸器症候群、新型コロナウイルス感染症(注)
(注)新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令(令和2年政令第11号)第1条に定める新型コロナウイルス感染症をいい、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第1章第6条第2項から第4項までに規定する一類感染症、二類感染症または三類感染症に指定された場合は、その指定が続く限りこれを対象とします。